ブログ

「どこかに行かない?」「いつか一緒に飲みに行けたらいいですね」英語で誘う時のフレーズ3選

31536176_m

今日は人を誘う時に使うフレーズを3つご紹介します。

“Do you want to ~?”「~しない?」
“Would you like to ~?” 「~しませんか?」
“(Maybe) we could ~.”「もしよかったら~できるといいですね」

相手との関係や状況に応じてフレーズを使い分けます。
早速、一つずつ見ていきましょう。

“Do you want to ~?”「~しない?」

直訳的に「あなたは~することを望みますか?」と捉えてしまうと上から目線のように感じてしまいますが、このフレーズに上から目線の感じはありません。相手に「~したいですか?」とお伺いを立てていると考えればわかりやすいでしょう。

会話例

A: “Don’t you have plans tonight?”
「今夜予定ないの?」
B: “No, I don’t. Do you want to go somewhere?”
「いや、ないよ。どこか行く?」

“Would you like to ~?” 「~しませんか?」

友達同士であれば”Do you want to ~?”でよいのですが、もう少し丁寧に誘いたい場合は”Would you like to ~?”のフレーズをオススメします。

「~しない?」と「~しませんか?」の日本語訳でわかるとおり、丁寧度が異なります。

会話例

A: “By the way, would you like to come to a party at my house next weekend?”
「ところで、来週末ホームパーティーにいらっしゃいませんか?」
B: “Next weekend? I’m afraid I’ll be in my home town. But thank you anyway!”
「来週末ですか?残念なのですが、地元に帰る予定なんです。でも誘ってくれてありがとうございます」

“(Maybe) we could ~.”「もしよかったら~できるといいですね」

知り合って間もないなど、相手との関係性において直接的に誘うことがためらわれるケースがあるかと思います。そのような時に便利なのが”(Maybe) we could ~.”を使った間接表現です。

日本語でも「~しませんか?」と直接的に投げかけるよりも「~できるといいですね」と間接的に誘うほうが、相手に負担をかけませんよね。英語でも同様です。

会話例

“Maybe we could go out for a beer sometime, if you want.”
「もしよかったらいつかビールを飲みに行けるといいですね」

上記の例では”sometime”「いつか」を入れてより一層、相手に負担をかけない言い方になっています。

 Summer Rane (この記事の監修者) 

summer シアトル出身。早稲田大学卒業。笑っていいとも発音王への出演実績。現在Stanford University PhD candidate
 著書 ネイティブに笑われないクールイングリッシュ(impress QuickBooks)

関連記事

ページ上部へ戻る