お客様から大好評のプライムイングリッシュ独自のカタカナ表記とは?

お客様から大好評のカタカナ表記

お客様アンケートからわかったことなのですが、プライムイングリッシュで好評なのがカタカナ表記です。

プライムイングリッシュのカタカナ表記はネイティブの発音を限りなく忠実に再現したものなので、リスニングにおいてもスピーキングトレーニングにおいても大きな効果を発揮します。

例えば”small”の発音は「スモール」と思われていますが、実際の発音は「スマーゥ」が近いです。末尾の”l”は「ゥ(小さいウ)」を意識するときれいに発音できます。

カタカナで英語の発音を100%再現することはもちろん不可能ですが、適切に記載されたカタカナ表記は正しい発音へのステップとすることができます。

また、発音の固定概念を取り崩すのにもカタカナ表記は朗報です。カタカナ表記を見ることによって気づきが生じます。例えば多くの方は”new”の発音を「ニュー」と考えています。でも実際のネイティブの発音は「ヌー」です。プライムイングリッシュのカタカナ表記では”new”を「ヌー」と表記しています。

今度ネイティブの英語を聞く時に”new”を意識して聞いてみて下さい。「ヌー」と聞こえるはずです。そして一度気づきを得ると次から”new”に対しての発音認識率が非常に高まります。

そしてカタカナ表記で抜群の効果を発揮するのが、音声変化に対してです。ネイティブがナチュラルに話すと、単語間はくっつき、様々な音声変化をします。そして音声変化を知らないと、何度繰り返しCDを聞いても聞き取れません。

例えば”could have”はカタカナで表記すると「クダ」と発音されることが多いのですが、これを「クドゥ ハヴ」のように発音されると思っていると、何百回リスニングしても聞き取れません。逆に一度知ってしまえば、すぐに聞き取れるようになります。この音声変化を表現するのにカタカナ表記はとても役に立つのです。

このようにして、発音に対して正しい認識が深まると、リスニング能力は劇的に向上していきます。リスニング能力向上には正しい発音がとても重要です。

関連商品

  1. 楽しいだけじゃない!日常生活のフレーズを網羅する凝縮されたスキット

    プライムイングリッシュのスキットは楽しいだけではありません。近年、日本でも取り入れられつつある語学力のレベルを示す国際標準規格CEFRを意識しています。各スキットごとに学習テーマを設定し、日常生活でよく使うフレーズをほぼ網羅できるよう設計しています。

  2. 英会話スクールよりも濃厚なトレーニングを実現

    「聞き流すだけで英語が話せるようになる」とする英会話教材もありますが、私たちはこれを真っ向から否定します。英語CDを聞き流すだけでは、話せるようにはなりません。それどころかリスニング力の向上もほとんど期待できないでしょう。聞き流しによる英語学習はお金と時間の浪費になってしまいます。

  3. 業界初!リスニング力を急上昇させる音声変化トレーニング

    英語のリスニングが難しいのは、日本語にはない音が存在することも一つの理由ですが、それ以上に音声変化について学んでいないことも大きな理由です。 特に英語には自信があったのに海外旅行に行ったらさっぱりわからなかったという方は、音声変化が大きな原因と考えられます。

  4. 購入して終わりじゃない!ずっと続くカスタマーサポートと追加コンテンツ

    学習相談や教材でわからない内容(文法など)はカスタマーサポートで承っています。サポートは無期限でさせていただいています。週1回程度のメールマガジンでは教材内容の深い解説や応用フレーズをご紹介。更には発音動画コンテンツを追加していく予定です。常に進化していく英会話教材です。

ページ上部へ戻る