ブログ

海外でレストランに行った時に使う英語・知って得する文化の違い アメリカ人だってチップはストレス!

レストラン

海外(特にアメリカ)のレストランでは、フレンドリーであることがよい接客であると考えられています。そのため、店員さんは頻繁にあなたに声をかけてきます。

プレッシャーに感じることもあるかもしれませんが、せっかくですので料理だけではなく店員さんとの英語での会話も楽しみましょう!

今日は海外のレストランに行った時によく使う英語フレーズと、レストランにおける日本とアメリカの考え方の違いもご紹介します。みなさんが苦手なチップの話もあります。

レストランで使う英語フレーズ

Table for 2?

お二人様ですか?

お店に入ってきた二人連れのあなたを見て店員さんが”Good evening! Table for 2?”「こんばんは!お二人様ですか?」と声をかけてきました。

2人でよければ”Yes.”と答えます。違うのであれば”No, 3.”「いいえ、3名です」のように答えましょう。

予約が一般的なレストランであれば人数の前に”Do you have a reservation?”「ご予約はありますか?」などと聞かれます。

Tips

店員さんから人数を聞かれる前に、自分から”Table for 2.”「2名です」と言うこともできます。

Can I start you off with some drinks or appetizers?

飲み物や前菜はいかがですか?

日本でもそうですが、食べ物のオーダーの前に飲み物を聞かれます。答え方としては、”I’ll have a beer.”「ビール下さい」とか、”Can I get a coke?”「コーラをもらえますか?」となります。

日本ではレストランに行くと、必ず飲み物を注文しないといけないようなプレッシャーがありますが、アメリカではそのようなことはありません。飲み物がいらなければ、”Just water, please.”「お水でいいです」のように言います。

I’ll be back with your drinks.

お飲み物をお持ちします

飲み物のオーダーを取った店員さんはこのように言うでしょう。”Thank you.”と答えて、店員さんが飲み物をもってくるまでに食べ物の注文を決めておきましょう。

Have you decided?

(注文は)お決まりになりましたか?

飲み物を持って戻ってきた店員さんがこのように聞きます。食べ物の注文が決まっていれば、”Yes, I’ll have…”と言って注文しましょう。まだ決まっていない場合は、”Give us a few more minutes.”「もう少し時間を下さい」と言いましょう。

お勧めのメニューは何ですか?

What do you recommend?

何を頼むか迷った時はこのように尋ねましょう。サラダのお勧めが聞きたい場合は、”What do you recommend for salads?”と言います。

It comes with a side of soup or salad.

この料理にはスープかサラダが付いてきます

疑問文ではないので(イントネーションが上がらないので)、聞き取れないと料理の説明をされているのかとスルーしてしまうかもしれません。スープがよいかサラダがよいか聞かれているので、”Soup, please”のように答えましょう。

Anything else?

他には何かありますか?

一通り注文を取った後、確認のため店員さんはこのように言うでしょう。注文が以上であれば”No, thank you. That’s all.”と答えます。

Is everything alright with you guys?

全て順調ですか?

“you guys”はフレンドリーな言い方で「あなたたち」という意味です。食事中、あなたたちを気にかけてこのように言ってくるかもしれません。特に問題なければ”We’re okay, thank you.”と答えましょう。

お会計をお願いします

Can we get the bill? / Check, please.

日本では両手の人差し指をバツにして会計の意思を示すことがありますが、これは海外では通用しません。代わりに空中でサインをするようなジェスチャーをすることがあります。

アメリカのレストランでのチップの相場は?

チップの習慣のない日本人の方にとって、海外でのチップの支払いはストレスであるとよく聞きます。

ストレスの一つとして、プラスアルファでお金を支払わなくてはならないという理由の他に、「チップはどのようなお店で、どのくらい支払えばよいの?」というチップの内容についてのストレスも大きいのではないでしょうか?

下記に参考になる情報をまとめましたので参考にしてみて下さい。

レストランでのチップの相場は15-20%

テーブルに座って食事するレストランのチップの相場は15-20%です。日本のファミレスのような気軽なレストランから予約が必要なレストランまで同じです。

よいサービスを受けたと感じた場合は20%を払います。逆にサービスがひどかった場合、相場に関わらずまったくチップを払わなくても構いません。

マクドナルドでもチップは払います

マクドナルドのようなファストフードレストランではチップがいらないと思われている方もいらっしゃるようですが、ファストトフードレストランでもチップは払います。たいていはレジ横にBOXが置いてあるので、そこに商品代金の10%程度を入れます。

スタバでは50セントから1ドル

スターバックスのようなカフェでは50セントから1ドルをチップとして支払う人が多いのではないでしょうか。カフェでもファストフードレストランと同じようにレジ横にボックスが置いてあることが多いのでそこに入れます。

会計時にサービス料が請求されている場合はチップ不要

レストランによっては会計時にサービス料が請求されている場合があります。この場合はチップ不要です。

アメリカ人だってチップにストレスを抱えている

実はチップに対してストレスを感じているのは日本人の方だけではありません。アメリカ人でも「こんなに払わなくちゃいけないのか」とか「どのくらい払うべきなのか」などチップに対してストレスを感じることもあります。ストレスを感じているのは自分だけではないとわかって安心しませんか?

 Summer Rane (この記事の監修者) 

summer シアトル出身。早稲田大学卒業。笑っていいとも発音王への出演実績。現在Stanford University PhD candidate
 著書 ネイティブに笑われないクールイングリッシュ(impress QuickBooks)


468x60

関連記事

ページ上部へ戻る