ブログ

“Please wait!”は失礼になることも 「待って下さい」を英語で丁寧に表現するフレーズは?

wait

「’please’が場合によっては失礼に!? ネイティブの丁寧語を理解しよう」の記事でも説明しましたが、「please+動詞」の形はあくまで命令形のため、pleaseをつけてもあまり丁寧な印象にはなりません。

「待って」を英語で言う場合、友達同士や信頼関係ができている間柄なら“Please wait.”で構いませんが、目上の方やお客様にこのフレーズは失礼な印象になってしまいます。今回は目上の方やお客様にも使える丁寧な「待って下さい」のフレーズをご紹介します。

「待って下さい」のお勧めフレーズ

“Hold on.”
“Just a second/sec.”
“Just a minute.”
“Just a moment.”

 
“Hold on just a second.”のように、これらを組み合わせて使うのも普通です

“a second”「1秒」 “a minute”「1分」 “a moment”「一瞬」 どれも時間に関することですが、どのくらい待たせそうかということで使い分けるわけではありません。この中では“Just a moment.”がより丁寧な印象でビジネスでよく使われます。
 
上記のフレーズに“please”を加えるとさらに丁寧になります。

“Just a moment, please.”
「少々お待ち下さい」

 
最上級に丁寧に言うのなら、次のような言い方ができます。日本語訳を見るとニュアンスがご理解いただけると思います。

“Could you hold on just a moment, please?”
「少々お待ちいただけますでしょうか?」

 

ネイティブが実際に使うスーパーナチュラルなフレーズをお届けします!プライムイングリッシュの無料メルマガ登録はこちらから!

 Summer Rane (この記事の監修者) 

summer シアトル出身。早稲田大学卒業。笑っていいとも発音王への出演実績。現在Stanford University PhD candidate
 著書 ネイティブに笑われないクールイングリッシュ(impress QuickBooks)

関連記事

ページ上部へ戻る