ブログ

英語で「あなたたち」はどう言うの?英語で複数の人を表現する方法

沢山の人に質問

英語で「あなた」と言いたいとき、”you”を使うのが一般的ですよね。

では、英語で「あなたたち」や「2人で」「3人で」と言いたいとき、皆さんはどのように表現していますか?

今回は複数の人を表すことができる、8種類のフレーズをご紹介します。

一定の人数を表したいとき

①”you+人数”

・you two
・you three
・you four
「あなた達2・3・4人」という意味になります。

〈例〉
“You two are always gossiping.”
「あなた達2人いつもゴシップしてるね」

②”the+人数+of you”

・the two of you
・the three of you
・the four of you
こちらも「あなた達2・3・4人」という意味になります。

〈例〉
“Are the three of you going to Taiwan together?”
「3人で台湾に行くんですか?」

③”the+人数+them”

・the two of them
・the three of them
・the four of them
「彼ら・彼女達2・3・4人」

〈例〉
“The three of them got sick last week.”
「先週、彼ら3人風邪をひきました」

themの場合”them two”や”them three”などの言い方はあまりしません。
基本的に、”the+人数+them”という言い方をします。

私を含めた複数人を表したいとき

④”us+人数”

・us two
・us three
・us four
「私達2・3・4人」という意味です。

〈例〉
“Just us four were in the class.”
「そのクラスに私たち4人しかいなかったです」

⑤the+人数+of us

・the two of us
・the three of us
・the four of us
こちらも「私達2・3・4人」という意味です。

〈例〉
“The two of us made the pie.”
「私達2人でこのパイを作りました」

大人数を表したいとき

①you all
②all of you
③you guys

〈例〉
“Do you guys like Japanese food?”
「皆さん日本料理は大丈夫ですか?」

“You guys”は砕けた言い方で、指している人々が男性ではなく、全員女性であっても使えます。

「2人で」「3人で」または、「私たち」「あなた達」「彼ら」などと表現したい場合は、皆さん是非これらのフレーズを使ってみてください。

メルマガで「学習スピードを10倍速にする英語学習法」をご紹介しています。4日間の短期間で完結します。メルマガ登録特典として「プライムイングリッシュ厳選フレーズ集(音声付き)」を差し上げています。ご登録後すぐにダウンロードできます。下記フォームからお申込み下さい。




4日間で学ぶ【学習スピードが10倍になる英語学習法】
  *
  *
Eメール  *

関連記事

ページ上部へ戻る